>

更新:04月16日

福島県の保育士求人・転職・募集 (24件)

福島県の求人から給与を絞り込む

福島県の市区町村から保育士求人を絞り込む

福島県の保育士条件からを絞り込む

求人条件を変更する

福島県では、保育士の復帰を促し、安定した保育の受け皿を提供するために、保育士向けのさまざま種類の貸付事業を行っています。ゆとりのある新生活を送るために、県で導入しているサポートをチェックしてみましょう。

■対象範囲が広い「保育料の一部貸付」
福島県では、未就学児をもつ保育士にむけて、保育料の一部貸付を行っています。この事業で貸付を受けられるのは、月額保育料の半額(27,000 円上限)まで。無利子で借りられるうえに、県内の保育施設で週20時間以上、2年間従事することで、返済が全額免除となる手厚い支援事業です。対象となるのは、保育園などに新たに勤務する保育士、または産休・育休から復帰した保育士。子どもが小さいうちに職場復帰する保育士を、金銭面からサポートする事業です。

■出費の多い就職時に心強い就職準備金貸付
福島県内の保育施設に就職した方にむけての、就職準備金貸付にも注目です。初めて就職する方や潜在保育士を対象に、就職する時にかかる転居費用や被服費に貸付を最大40万円まで受けられます。保育士として2年間従事すると返還が免除されるので、長く働きたい人にはおすすめの支援事業です♬

あなたにオススメの案件

該当するお仕事は、0件です。

条件を再設定し、検索してください。

保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録
条件検索
都道府県
市区町村
最寄駅
こだわり条件
勤務体制
雇用形態
職種
施設形態
給与
フリーワード

よくある質問

保育boxの利用はすべて無料ですか?
はい、完全無料で応募から入職までお使いいただけます。ご利用されている保育士さんならびに求職者に対し 、弊社(株式会社保育box)から金額を請求することは一切ございませんのでご安心ください。
応募ではなく問い合わせがしたい
その場合も【園にお問合せ・見学希望する】ならびに【募集状況を確認する】よりご連絡ください。入力フォーム内にお問合せ欄がございますので、そちらに見学がしたい/求人の詳細が知りたいなど、ご要望に沿って記入の上、送信してください。
もし保育園に直接問い合わせるのが難しい場合(名前を知られたくない等)、
【お問合せフォーム】よりご連絡先、保有資格、保育園名、問い合わせ内容をお書き頂ければ弊社の担当者が代わって確認し、ご返信いたします。
応募してからの流れはどうなりますか?
ご応募頂いた保育園の採用担当者からお電話もしくはメールにてご連絡いたします。 それ以降は面接の設定や履歴書の送付など、保育園が提示するフローにそって選考に進んでください。
(各園による)
応募後、保育園から連絡が来ない
【問い合わせフォーム】より、お名前と応募された保育園名、連絡が来ない旨をお送りください。弊社の担当者が代わって確認し、ご返信いたします。
働きたい求人が見つからない場合は?
【保育boxにご登録いただいた方には、新着の求人が掲載された際にいち早くメールでお知らせいたします。無料会員登録はこちらより行うことができます。

福島県の保育需要や街の特徴

■福島県の保育士の平均年収

厚生労働省が行った「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、福島県で働く保育士の平均給与は約301万円です。計算の内訳を詳しくご紹介します。


<福島県>

・決まって支出する現金給与額:216,400円

・年間賞与その他特別給与額:409,900円

・平均年収:3,006,700円


※決まって支出する現金給与額:所得税や社会保険料が引かれる前の金額

※年収=決まって支出する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給付金


同じ調査で公表された全国平均と比べてみましょう。


<全国平均>

・決まって支出する現金給与額:249,800円

・年間賞与その他特別給与額:747,400円

・平均年収:3,745,000円


福島県の平均年収は全国平均の375万円と比べ、約74万円低い水準となっています。賃金と生活費のバランスは地域ごとの物価や生活環境によってさまざまです。気になる求人を見つけたら、周囲にある住居や交通機関なども含め、色々な視点で比較しましょう。


■福島県の保育士求人倍率・求人数

厚生労働省が令和4年4月に発表した「保育士の有効求人倍率の推移(全国)」によると、福島県で働く保育士の令和4年4月時点の有効求人倍率は2.79倍となっています。


全国平均の2.92倍よりもやや低い倍率ですが、一般企業と比べると十分高い数値です。福島県では令和3年に待機児童が62人いたことを踏まえると、今後も求人倍率が高い状況が続くと考えられます。


■福島県の保育士支援や取り組み

保育士に関する支援のうち、貸付支援をご紹介します。保育士自身が申請できるのは4種類です。どの貸付支援も一定の条件を満たすと返還が猶予され、一定期間保育士として働くことで返還は免除となります。


<保育士を目指す方が対象の事業>

・保育士修学資金貸付事業

保育士資格を取得できる学校に通うための修学資金、また入学時や就職時の準備金の貸し付けを受けられます。返還が免除となるまでには5年間の従事が必要ですが、過疎地に勤務している方は3年以上の従事で免除可能です。


・保育士修学資金特別貸付事業

上記の事業との違いは「入学前に支払う経費に充てられる」という点です。世帯年収が一定以下であることや、すでに養成学校に合格していることなど、条件を満たしている方が対象となっています。例年の申請期間は入学前である冬ごろで、高校の推薦が必要です。


<潜在保育士の方が対象の事業>

・保育士就職準備金貸付制度

再就職にともなう出費に充てられる貸付支援です。保育士資格を持ち一定の離職期間がある、週20時間以上勤務する職場に再就職する、などいくつかの条件にあてはまる方が利用できます。


<子どものいる保育士の方>

・未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付制度

保育園に勤務する保育士が、子どもを預ける際の保育料を対象にした貸付を受けられます。申請期間が春から冬までと長期間にわたって申し込めますが、募集定員が年間5名程度となっていますので、対象の方は早めにご確認ください。


■福島県の子育て支援や取り組み

福島県では子育て世帯に「ファミたんカード」を配布し、地域の協賛店で割引や特典などのサポートを受けられる事業を行っています。福島県内にある3,600店舗の協賛店はもちろん、全国展開をしている企業なら県外からの来店でもサービスを受けることが可能です。


また、そのほかに授乳室やおむつ替えのスペースなど、乳幼児を連れた家族が過ごしやすい環境のある施設を「赤ちゃんほっとステーション」として認定しています。


ファミたんカードが使える協賛店や赤ちゃんほっとステーションの場所は福島県が運営するポータルサイト「すくすくひろば」で検索可能です。また、認定を受けている店舗や施設は専用のステッカーが貼られているので、お出かけ先で探してみてくださいね。


■福島県の保育園数

統計局が令和2年にまとめた資料によると、佐賀県の保育園数は283ヶ所です。また、認定こども園は116ヶ所(令和3年・内閣府)となっています。福島県は現在待機児童を解消するために、利用定員のアップや幅広いニーズに対応した保育施設の拡充に力を入れています。保育士の需要は今後も高い状態が続いていくでしょう。

保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録
searchresults
fukushima
PAGETOP