保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育士になるには?

保育園・幼稚園で働くにあたり大切な事とは?

保育園・幼稚園で働かれている先生達は、子どもと接するときに、「これでよかったのかな?もっとこうした方が良かったんじゃないかな?」そんな事を常に考えているものです。

子どもの安全管理

毎日、子どもが登園する前に教室や園庭、その他の場所の確認をします。ゴミが落ちてないか、危険なものがないか、子どもが安全に生活できるかということも大切な仕事です。登園して遊んでいる時でも子どもの様子を把握して危なくないように見守ります。怪我などをさせてしまっては保育園・幼稚園の信頼をなくしてしまうことにもなります。

サポートの加減

子どもの生活のサポートをすることも保育士・幼稚園教諭の大切な仕事です。サポートをしすぎるのも、子どもの為になりません。サポートしすぎず、サポートをしなさすぎずという難しいところもあります。子どもを見守りながらできない部分だけ助けたり、言葉をかけたりしていきます。理屈ではわかっていても実践となるとなかなか上手くいかないというのが現状です。
先輩の様子を見たりして、子どもとの接し方などを勉強しましょう。

人間関係を大切に

長く保育士・幼稚園教諭として仕事をする為には、職場の同僚との人間関係がとても重要になってきます。保育士・幼稚園教諭の主な退社理由の原因に人間関係が上がっています。最近では男性の保育士・幼稚園教諭も浸透してきましたが、まだまだ少ないのが現状です。
そんな女性の職場で上手く乗り越えられるように、先輩の先生との付き合いや同期の先生との付き合いを大切にしておいた方が自分の為になります。また、職場の人間関係だけでなく、保護者との関係もしっかりと築きましょう。

最近の保護者は、少し前の時代では考えられないようなことをしたり言ったりしてくるという人もいます。しっかりとコミュニケーションを取り、円滑になるように日頃から連絡をこまめにとったりすると良いと思います。
保育box無料会員登録はこちらから

保護者から求められる事

1.子どもを安心して預けることができる。
怪我や事故のない様に、常日頃から気を配ることが求められます。

2.子どもと親密なコミュニケーションを築くことができる。
子どもの相談に乗ってあげたり、話しやすい環境を作ってあげたりと、子どものコミュニケーションが親密にとれることです。
保育園・幼稚園と家庭、それぞれの子どもの様子を把握するためにはコミュニケーションを進んで図ることが大切です。

3.報告や連絡をこまめにすることができる。
保育園・幼稚園で起こった出来事やアクシデントなどの事柄などを、保護者にしっかりと納得のされるまで伝達することが求められます。これを怠ってしまうと保護者との信頼関係をうまく築くことは出来なくなります。

このように、様々な事が求められる仕事ですが、先生によっても長所や短所はあります。ひとりひとり価値観や目指している教育目標、方針、理念があるかと思いますが、大切なのは先生方の「思いやり」「気配り」「素直な心」です。これは子どもに対してだけでなく、同僚、保護者、家族に対しても同じです。

人間性

保育士・幼稚園教諭としてのスキルアップの根底は自分自身の人間性を高める事が重要です。
保育、教育に正解はありません。それは、親も同じです。保育士・幼稚園教諭のあなた方が様々な体験をし、同僚と意見を共有し、取り巻く環境から学んでいき、あなた自身の保育・教育を探求するのが仕事です。
すべての方に愛情を持って接する心掛けが人間性を上げる秘訣だと思います。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

照隅認定こども園

勤務地 京都府京都市右京区
職種 保育士/幼稚園教諭
雇用形態 パート/アルバイト

須子保育園

勤務地 島根県益田市
職種 保育士/幼稚園教諭
雇用形態 常勤(正職員)

中条こども園

勤務地 新潟県十日町市
職種 保育士/幼稚園教諭
雇用形態 パート/アルバイト
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP