保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育士になるには?

保育士・幼稚園教諭にとって必要・重要なスキルとは?

保育士・幼稚園教諭になるには、それぞれ保育士資格や幼稚園教諭免許が必要です。
今回は、保育の現場で働くにおいて必要・重要な【スキル】についてご説明いたします。

子供たちを楽しませるのに必要なスキル

①音楽
ピアノやオルガンは子供たちと一緒に歌うことで楽しみながら、音楽について自然と学ぶこともできます。 子供たちとのコミュニケーションの一つとしても使えるスキルです。
楽器は苦手という方でも、伴奏だけなら少し練習するだけで、できるようになるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
そのほかにも、楽器に頼らずアカペラで聞かせてあげたり一緒に歌ったりとあります。

②絵画
子供たちに絵を教えてあげることも必要になってきます。
リクエストに応えたり、見本を見せて一緒に書くなど、保育の現場では絵を要求されることがたくさんあります。
ある程度、リクエストに応じることができるスキルは身に付けておくことが必要です。 子供たちが感動する程の芸術性は必要なく、簡単でデフォルメされている絵をパターンで覚えておくのがコツです。

③表現
劇や紙芝居、ごっこ遊びなど、子供たちと一緒になって遊ぶ際も、堂々と役を演じる表現が必要です。 子供たちに喜んでもらうことを一番に考え、立ち回りやセリフの言い回しなど繰り返し練習することで身に付くスキルです。

以上のスキルは、保育士試験や入職試験の実技課題で取り入れられている内容でもあります。 自分で欠けていると感じている点がある際は、勉強してみてはいかがでしょうか。
保育box無料会員登録はこちらから

保育現場にとって重要なスキル

①美しい字
子供たちに字を教えてあげる時があるかと思います。その際に、子供たちのお手本となる字を書けることが重要になります。
また、保護者向けのお便りや連絡帳に書く際、字が汚いとそれだけで自分の評価が下がってしまいます。不信感を覚える保護者の方もいらっしゃいます。
そのようなことを意識して一字一字丁寧に書く意識を持つことが重要です。

②危機管理能力
保育現場では、子供たちが楽しく遊んでケガなく自宅に帰るのが最も重要です。
開園前や掃除の際、遊具に破損部が無いか、鋭利なところがないかをチェックしたりすることでケガを未然に防ぐことが可能です。子供たちの目線に合わせて確認することが重要です。

③応急処置
園内の安全確認を完璧にこなしても、子供たちの好奇心に火が付いた場合、予期せぬことが起こることがあります。もし、ケガをしてしまった際ケガによって対処方法も異なってくるので、正しい応急処理の方法も知っておくことが重要です。
軽いケガが大きな事故につながることもあるので幼児医療の知識を身に付けておくことが必須になります。

子供の発達に大きく影響を与えるのが保育園や幼稚園と言われています。 そこで得られた知識や思い出が良いものになるかは、保育士・幼稚園教諭の力量にかかってきます。
今回挙げたスキルは保育において常識的なものであり、より専門的な事は実践経験で積み上げていくことが多く、園によって必要なスキルも変わってきます。
園の特色を把握し、子供たちの為にスキルを伸ばしていく日々の努力が必要だと思います。

現状で、スキル不足だと感じる方は、スキルアップセミナーや研修を行っている会社や学校がありますので、受講してみてはいかがでしょうか。
※参考
キャリアステーション保育士総合講座
http://www.career-station.co.jp/contents/licence/cont22/
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

下新倉プライムスター保育園

勤務地 埼玉県和光市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

豊島区/定員60名の保育園

勤務地 東京都豊島区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介

笑顔いっぱいの暖かい雰囲気の保育園

勤務地 埼玉県和光市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP