保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育士になるには?

地域限定保育士とは?これから保育士になりたい方は要チェック!

保育士になりたいけれど、学校に通う時間や金銭的な余裕のない場合には、「地域限定保育士」という選択肢を検討してみませんか?
その名のとおり、地域限定保育士は一時的に働く地域が限定されます。しかし、実際の働き方は一般の保育士と同じです。受験のチャンスが広がることから、他業種からの転職や、働きながらの資格取得を考える方に向いています。
今回は、この「地域限定保育士」についてご紹介していきます。
保育box無料会員登録はこちらから

地域限定保育士とは?

2015年、国は経済や産業の発展のため、集中的に取り組んでいく「国家戦略特区」を都市部に創設しました。地域限定保育士は、その事業の1つとして、限定的に始まったものです。

その背景として大きいのは、大勢の潜在保育士や、深刻な保育士不足。2015当時は、保育士試験は年1回のみでした。地域限定保育士を新しく作ることで、保育士になるための道を増やし、保育士確保や待機児童の解消を目指したのです。
なお、2016年からは保育士試験は年2回に増えています。

令和2年度に実施した地域は神奈川県と大阪府です。地域限定保育士の試験を開催するかどうかは、各自治体のホームページなどでご確認ください。

一般的な保育士との違い

■登録後3年間は、地域制限がある
地域限定という名のとおり、登録後3年間はその地域のみで働けるというのが大きな特徴です。
対象地域内では、一般の保育士と業務内容に違いはありません。待遇や賃金の差もなく、同じ扱いとなります。

■保育士試験では、2次試験が異なる
地域限定保育士の受験資格は、一般の保育士資格とまったく同じです。1次試験も、通常の保育士試験と同様です。合格率はあまり高くないので、事前の準備が必要と言えます。
詳しくはこちら

地域限定保育士の場合、一般と異なるのは2次試験です。
通常は実技試験(音楽・造形・言語)を受けますが、講習(5日間)を受ければ資格を取得できます。

■就業までの流れ
登録後3年経過すると、全国どこでも働けるようになります。試験に合格してから3年経過後ではなく、登録時からカウントされた期間なのでご注意くださいね。

地域限定保育士のメリット・デメリット

対象の地域では一般の保育士と同じように働ける地域限定保育士ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

■メリット
・試験を受ける機会が増えるため、合格を狙うチャンスが増える
・2次試験は講習なので、実技試験が苦手でも受験・合格しやすい

■デメリット
・登録後3年間は地域制限がある。


登録後3年間は対象の地域でしか働けません。しかし、3年間働くのではなく、あくまで登録後3年間ということに注目です。
その間の実務経験の有無は問われず、3年経過すれば全国どこでも働けるようになれます。

地域限定保育士は、どんな人に向いているか

地域限定保育士に向いているのは、次のような方です。

・保育士にはなりたいが、勉強になかなか時間をかけられない人。社会人など。
・保育士の仕事には興味があるが、実技試験は苦手意識がある人。
・最低3年間、対象地域で働くことに問題がない人。


保育士試験は、一次試験も二次試験も勉強や習得に時間がかかります。すでに働いている社会人や忙しい方には、2次試験が講習であることが大きなメリットとなるでしょう。
また、2次試験で行うピアノや読み聞かせなどは、実際の実務経験のなかでも学べることです。まずは資格を取得したいという方には、地域限定保育士は選択肢の1つとしておすすめの方法といえます。

令和3年以降、地域限定保育士の採用試験は未定です。
しかし、実施されれば保育士になる方法が1つ増え、より資格を取得しやすくなります。対象地域での情報は小まめにご確認しましょう。

また、地域限定保育士になった際に働く保育園も探しておくとスムーズです。どんな保育園があるか、事前にチェックしてみませんか?
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

北区/定員38名の保育園

勤務地 東京都北区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介

別所保育園

勤務地 神奈川県横浜市南区
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

幅広い年代が活躍中★元気いっぱいの保育園

勤務地 神奈川県横浜市港南区
職種 保育士
雇用形態 一般派遣
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP