保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園への就職・受験について

「幼稚園教諭」が就職する前に確認すべき見学時のポイント

新卒の幼稚園教諭の方の多くが、自分の通っていた幼稚園へ見学や職場体験に行かれる事が多いと思います。同じ園長先生で、園の雰囲気も変わってなかったらそれだけで好印象だと思います。しかし、選びのポイントは保護者と同じ目線で就職をしない事です。家から近いから、懐かしいから、自分が通っていたから。等の理由で決めてしまうとすぐに「こんなはずじゃなかった」と、転職をされている方も多くいるのが現状です。

この度は、幼稚園教諭という保育をする立場になり、就職し働く幼稚園が毎日通う職場になるのです。
働く側の目線になって厳しく判断する事。また、1園だけの見学ではなく、最低でも3園は見学に行き、良かった所、悪かった所を検証し納得のいく就職をしましょう。

この記事では見学時に重要なポイントをお伝え致しますので、実際に見学される際のヒントにして頂ければと思います。

①保育内容に惑わされないこと

保育内容というのには、「一斉保育」や「自由保育」と呼ばれているものがあります。しかし、これらの保育を指導力不足の先生が行うと、「強制(おしつけ)」や「放任(ほったらかし)」になります。 保育にあたる先生の考え方、人間性によって同じ保育内容でも大きく変わってしまいます。

「見学の際にこう質問してみよう!!」
■なぜこちらの園では○○保育をされてらっしゃるのですか?
 →幼稚園の保育に対する考え方・方針を直接聞く事。
子どもに対してどんな考えで保育に取り組んでいるのかを直接聞く事で、その幼稚園の子どもへの取り組み方が分かる。

■一人で遊んでいる子どもにはどう対応されてらっしゃいますか?
 →先輩、幼稚園教諭の考え方・方針を聞く。
自分ならどうするか。どんな対応をするのかを考えておき、比較する。

質問をして、その答えが自分なりに納得がいかなければ、納得を得られるまで質問をしましょう。入園してからこんなはずじゃなかった等のミスマッチをなるべく減らせます。
※重要な事なので必ず確認をしましょう。
保育box無料会員登録はこちらから

②ベテランの先生と若い先生の比率を見る

ベテランの先生が多くいる所は、結婚しても働き易い労働環境を園が用意している事にもなります。逆に、ベテランの先生が多く、若い先生があまりいない所では新卒者や経験年数の少ない先生に対しての、指導がしっかりされているのかを聞いてみるのが良いです。 そこを重要視出来ない園は、保育がズサンか、職員の退職サイクルが早いのかもしれません。

ベテランの先生と若い先生の人間関係はとても重要です。先生方のやりとりを確認し、しっかりとした関係性を築けていないと感じたら、若い先生方が少ないのはその為かもしれません。また、幼稚園の保育方針が浸透していない事にもなります。

③幼稚園見学では自由遊びを見る

幼稚園見学では、「先生の言葉遣い」や「子どもとの接し方」など、子どもと接している時の「先生の動き」を注意してみていきましょう。 重要なのは、子どもが楽しんでいるか、イキイキとした保育が出来ているかです。

「見学の際にこう質問してみよう!!」
■自由遊び時間に見学を行っていない園に対しなぜ、自由遊びの時間でなく、この時間に見学を受け入れているのですか?
 →どんな時間帯でも、先生の動き方に大きなかわりはありません。 子どもの動きに変化が見られないようなら、先生の接し方を見学してみてください。見学の際は、くれぐれも大きな声での私語は慎んでください。 子ども達にも迷惑ですし、保育をしている先生方にも印象が悪いです。もし、その園で働く事になったら上司になる方々だという意識で見学に行きましょう。

④先生が楽しそうにしているか

幼稚園見学で最も重要なポイントです。実際に見学に行った園の中から幼稚園を選び、働くのですから同じ幼稚園教諭の目線で働いている先生方がイキイキと楽しそうに保育をされているか、笑顔がいっぱいの雰囲気の良い幼稚園かという所を重要視して下さい。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

東府中駅より徒歩1分の保育園

勤務地 東京都府中市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣

マーマこととも保育園しかやま

勤務地 愛知県名古屋市緑区
職種 保育士
雇用形態 パート/アルバイト

けやき認定こども園

勤務地 埼玉県狭山市
職種 保育士
雇用形態 パート/アルバイト
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP