保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園への就職・受験について

保育士や幼稚園教諭の就職先の選び方について

保育士や幼稚園教諭の資格を取得した後は、就職先を決めなければなりません。選び方としては、学校の就職課にある求人票やハローワークの求人票を見たり、自分自身が希望している園のHPを見たり、方法は様々です。また、実習に行った園からお声がかかることもあるでしょう。

就職先の選び方は待遇面だけではなく、公立か私立か、方針は共感できるものか、などポイントは数多くあります。また、運営母体が宗教法人ですとその宗教によってカラーが異なります。ポイントをきちんと理解することで就職の失敗を防ぐ事ができます。「こんなはずじゃなかった…」とならないよう、参考までに大まかなチェックポイントをまとめてみました。

私立・公立

「何から選んでいけばいいのかわからない」という方は、まずは公立か私立か選択していく方法もいいかもしれません。

≪公立の特徴≫
公立の場合は地方公務員となります。給与や福利厚生などの待遇面は市の職員とさほど変わりませんので、私立よりかは安定した収入が得られるでしょう。複数園ある場合は転勤もあります。行事は比較的少なく、ゆったりとした時間が流れる園が多いようです。ただし“公立”ということもあり、作成しなければならない書類の量は多めです。

≪私立の特徴≫
園ごとに教育(保育)方針が異なるので、自分にあった園に出会えれば働きやすさは抜群でしょう。園によって異なりますが、行事が多い為、「年中準備に追われてあっという間に1年が終わる」と感じる方も多いようです。
保育box無料会員登録はこちらから

教育(保育)方針

具体的な教育(保育)方針を把握しましょう。
方針に共感できる園を選ぶこともポイントの一つです。
とにかく外で思いっきり遊ぶ“お遊び重視の園”、
小学校入学や受験に向けて対応する“お勉強重視の園”、
裸・裸足を推進する“健康重視の園”、など多種多様です。
また、宗教観による教育を行っている園(キリスト教・仏教・神道など)は細かな部分でその宗教のカラーが色濃く表れるでしょう。

給与

時給や月給、園によっては年俸という形で支給されるところもあります。またボーナスの有無や住宅・資格・通勤・残業などの手当があるかどうかも確認しましょう。

通勤しやすいか

自宅から無理なく通勤できる園が好ましいでしょう。園によっては延長保育を行っており、就業時間が遅くなることがあります。また、行事の準備や書類作成等で残業となる可能性もあります。
行事前の忙しい時期になると「帰ってすぐ寝て、すぐ出社がつらい」「園に泊まりたいぐらい」という声もちらほら。また、駐車場がない場合や園児の安全を考慮して車通勤が禁止の園もあります。通勤に関しては要確認項目です。

頻繁に求人を出していないか

増園や規模拡大などではなく、常に求人を出している園は離職率が高い可能性があります。人間関係がうまくいっていない園の場合、当然離職率に影響していきます。
人間関係のみならず、残業代が出ないのに残業が多い、待遇も悪く仕事量が多いなどの問題がなかなか改善されないという可能性もあります。

★百聞は一見に如かず!!園見学で雰囲気を感じる。

HPや評判サイト等で情報収集をすることはとても大切です。しかし、情報が少ないHPや、HP自体を持っていない園も少なくありません。より自分に合った園を見つけるためにも園見学は必要不可欠です。
子どもとの接し方はどうか、職員同士のコミュニケーションはどうかなど、HPでは感じ取れない事も園見学で明確になることがあります。

失敗しない就職先の選び方は、十分な情報収集と園見学です。就職活動は大変ですが、妥協せず自分にぴったりの園を見つけてください。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

みどり流星こども園

勤務地 茨城県つくば市
職種 保育士/幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 パート/アルバイト

笑顔いっぱいの暖かい雰囲気の保育園

勤務地 埼玉県朝霞市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣

幼保連携型認定こども園さいび園

勤務地 石川県金沢市
職種 保育士/幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 常勤(正職員)
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP