保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園への就職・受験について

保育士が面接時に絶対聞かれる「転職理由」に対する回答対策

自分の居心地が良い職場で働くこと、自分のやりたい事ができる仕事など
《理想の職場》というのは、労働者にとって永遠のテーマかと思います。

「転職」というのは、その果てない理想に近づける過程の中で、必ず必要になってきます。
今回は、転職するうえで重要視される【転職理由】についての対策と回答を、おまとめました。

退職理由は正直に答えてもいいのか?

「正直者は馬鹿を見る」という、理不尽なことわざがありますが、転職をする上で正直に本当の理由を答えるべきなのか。
転職活動をしている中で、誰でも一度は考えたことがあるかと思います。

退職理由は、採用側が一番に気にするポイントで、採用するかしないかを判断する、大事な基準になります。

例えば、人間関係で前職の保育園をやめた場合、正直に、「園長先生が苦手で…」「職員の方々とうまくいかなくて…」と面接で答えてしまうと、採用する側は、
「うちでうまくやっていけるのだろうか…?」「同じ理由で辞めてしまうのではないか?」
などと、不安になってしまいます。

次項では、面接のときによく聞かれる質問をおまとめました。
ご参考にしてください。
① 前職を辞めた理由を教えてください
保育士に関わらず、多種多様な職種で必ず聞かれる質問です。
この質問の意図は、【同じ理由ですぐ辞められてしまうのではないか】と、いうことを確認することです。
ここで正直に、前職を辞めるに至った経緯や問題など、を話してしまうと、「なぜそれを解決できなかったのか。」と、自分に非が無かったことでも採用側は不審に思ってしまい、突っ込まれた質問をされてしまいます。
《転職理由は、あくまでも前向きな理由に変換しましょう》

② なぜこの園を選んだのですか?
園を選ぶ理由は、それぞれあるかと思います。
ここは、正直に給与面や待遇・園の雰囲気など話したほうで良いでしょう。
また、面接時により良い評価を得る為には、その園ならではの特徴や魅力を選んだ理由に盛り込むことで、より好感を得ることができます。

③ 前職で一番大変だった事
採用者が聞きたいことは、問題が起きたときどう対処できたのか。
それが、本園でも生かせることができるのかを判断します。
ここでは、以下のような流れで話を構築すると相手に伝わりやすくなります。
[問題発生]⇒[対処の方法]⇒[自分なりの考え]⇒[今後の対応の見直し]
自分が未熟で起きた事でも、反省しその経験も自分の糧になったのだと、話せることが一番の回答かもしれません。
保育box無料会員登録はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか。
退職理由は、採用に関してとても重要視される項目です

ネガティブなイメージを与えることは言わずに、
自己アピールを織り交ぜながら答えてみてください。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

葛飾区/定員57名の保育園

勤務地 東京都葛飾区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介

川添こども園

勤務地 大阪府高槻市
職種 保育補助/無資格
雇用形態 パート/アルバイト

松福保育園

勤務地 香川県高松市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP

保育士が面接時に絶対聞かれる「転職理由」に対する回答対策|保育士や幼稚園教諭のお仕事探しなら【保育box】!全国の保育系求人の中から ブランク可 - 土日休み - 高収入 などの条件を指定してカンタンに検索できます。