保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園への就職・受験について

30代保育士が転職する時のポイントとは?メリットとデメリットを把握しよう

保育士経験も10年を超え、30代に突入すると中堅と呼ばれる年齢です。自分らしい保育ができるようになる一方で、仕事量や責任が増し、転職したいと考える方もいることでしょう。

また、女性は30代で結婚や出産で生活が大きく変わりやすい時期です。転職を希望する際には、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。30代の保育士が転職するメリットやデメリットに触れながら、ポイントをご紹介します。

希望の条件の職場を簡単検索

保育box無料会員登録はこちらから

30代保育士の転職事情

30代保育士は、仕事でもプライベートでも新卒のころとは異なる事情を抱えています。30代ならではの悩みや転職理由は次のとおりです。

■業務に対する不満
・業務負担が年々増えていく。責任の大きい業務の受け持ちが増える。
・いま働いている保育園では、これ以上のキャリアアップが見込めない。
■賃金面への不満
・勤続年数のわりに、賃金が低い。
・思った以上に昇給しなかった。
■保育園の保育スタイルとの不一致
・指導する立場になり、自分に合わないやり方を続けるのが精神的負担となる。
■人間関係の変化
・役職など、以前と立場が変わることで関係が変化し、働きにくさを感じる。
■ライフスタイルの変化
・出産・育児を経て、以前とは働き方が変わってしまった。

30代での転職は、長く働いているからこその変化や違和感を感じ、辞めたいと思う方が多い傾向にあります。しかし実際のところ、30代での転職は可能なのでしょうか。

30代での保育士転職は厳しいのか?
結論からお伝えすると、全国的に保育士不足な状況である現在、転職に大きな影響は少ないといえます。
しかし、保育経験者である30代保育士は、新卒の保育士とは異なり、即戦力として採用されることに注意です。求められるスキルが高めの可能性があります。
また、長期的に働ける保育士を重視して求人を出している保育園の場合、30代保育士よりも新卒の保育士が優先されるケースも存在します。どのような人材を募集しているのかの見極めが大切です。

30代転職のメリット・デメリット

30代保育士の転職には、メリットとデメリット両方の側面があります。

■メリット
・いままでの経験を活かせるので、新卒の時よりも余裕を持ったスタートが切れる。
・求人によっては、役職の保育士を募集しているケースもあり、キャリアアップのチャンスが広がる。
・自分に合った保育スタイルを理解しているので、転職時に選ぶ際の判断基準になる。
・勤務時間・条件を初めから提示できるので、以前とライフスタイルが変わっていても融通をきかせやすい。
■デメリット
・自分より若い人が先輩になることもある。
・即戦力ということへのプレッシャーを抱える。
・知っているものだと誤解され、十分な説明や指導がない可能性がある。

保育経験があることが30代転職の強みです。また、これまで働いていた保育園での不満や働きにくさを転職でリセットできる良さがあります。転職を決める際には、デメリットとも合わせて検討してくださいね。

転職する際に気を付けること、転職先選びのポイント

転職するときには「なぜ転職したいのか」「どんな保育園に就職したいのか」を明確にしておきましょう。
はっきりさせておくことで、次の職場探しでの希望条件をあげやすくなるからです。

今後長く働くためにも、スキルアップが見込めるかどうか、出産や育児に柔軟に対応してくれるかなど、働き方や勤務条件の確認は必要不可欠。ミスマッチにならぬよう、できるだけ保育園の下調べを徹底しておくと安心ですね。

30代からの転職はけして不利ではなく、ためらう必要はありません。
保育園にとっても、即戦力となる30代保育士はぜひ欲しい人材です。30代ならではの強みを活かせる転職先を探してみましょう。

希望の条件の職場を簡単検索

保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

ことり保育園スカイタウン成田園

勤務地 千葉県成田市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

認定こども園砥用音楽幼稚園

勤務地 熊本県下益城郡美里町
職種 保育士/幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 常勤(正職員)

のぞみ保育園

勤務地 東京都目黒区
職種 保育士
雇用形態 パート/アルバイト
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP