保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園への就職・受験について

保育士の在職中の転職活動で気をつけることは?

保育士が転職を考える時、在職中に転職活動をするには、どのような点に注意したらよいのでしょうか?

今よりも良い施設に行けると思ったのに、やっぱり辞めなければ良かった…ということにならないように、保育士が在職中の転職活動で気をつけることをご紹介します。

そもそも在職中に転職活動をしてもいいの?

在職中に転職活動をすることは、法律的に違反にならないの?と不安になる人もいると思いますが、違法ではありません。

転職活動は退職してからの方がスッキリとして良いには違いありませんが、後先を考えずに退職して無職の状態で仕事を探す場合、次の職場が決まるまでにタイムラグがありすぎれば生活に支障をきたすことが多いでしょう。転職活動を在職中にすることは問題ではなく妥当だと言えるでしょう。
保育box無料会員登録はこちらから

在職中の転職活動のメリット・デメリットは?

在職中に転職活動をする際、メリットとデメリットとして以下が挙げられます。

●メリット
在職中に転職活動をするメリットは、収入面の心配がないことです。安定した状態の中で自分の納得の行く職場を探すことができます。

経済的に不安定だと、焦るあまり妥協してしまい、結果後悔することになりかねません。在職中の転職活動であれば不採用になっても焦ることなく、より良い職場を探すためのゆとりが持てます。

●デメリット
在職中に転職活動をするデメリットは、時間が確保しづらい点です。多忙な保育園の業務と並行して、履歴書作成や面接の準備などもしなければなりません。

休暇が思うように取れない場合、面接の日程調整も一苦労です。ともすると、どちらも中途半端になりかねません。今の仕事と転職活動を両立させるのは思っている以上に大変なことが多いので、時間とエネルギーの配分を考えて活動することが必要です。

在職中の転職活動で気を付けることとは?

在職中に転職活動をする場合、マナーとして以下の点に注意しましょう。

●勤務時間中の活動はNG
転職活動をすることは、勤務時間外であれば問題ありません。ただし、勤務時間中に携帯メールや電話、会社のパソコンを使って活動をすることはしないことが原則です。会社によっては就業規則によって何らかの罰則がある場合があるため注意しましょう。

●大っぴらに退職の意思を話さない
転職活動をしていることをおおっぴらにすることは、職場の雰囲気を壊すことになります。また、人手不足の保育園では無責任だと責められることも少なくありません。今の職場で頑張っている人への気配りとスムーズな転職活動をするためにも、採用が決まるまで退職の意思を話すのは控えましょう。

●最低3カ月前には上司に退職の意思を伝える
転職活動をする際、まずは退職の意思を、直属の主任保育士に伝えておくことが必要です。一般的には1ヵ月前までの提出とされていますが、保育士の場合は年度ごとにクラス編成や園の運方針が決まっていることが多いため、支障をきたすことを避けるために、最低でも3ヵ月前には退職の意思を伝えるようにしましょう。転職先が決まったらすぐに報告して、現状と新しい職場の入職日との兼ね合いから、退職日をいつにするか相談しましょう。

●最後まで仕事の手を抜かない
転職先が決まった場合、心ここにあらずにならないことが大切です。退職日が決定したら、それまでにしっかりと引継ぎをすることが重要です。手抜きをしてミスを起こしたり、子どもたちや職員に迷惑をかけるよなことがないよう、最後まで気を引き締めて業務に取り組み、円満退社で気持ちよく新しいスタートを切りましょう。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

西海保育園

勤務地 福岡県宗像市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

しきの森保育園

勤務地 東京都調布市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

神ノ木保育園

勤務地 神奈川県横浜市神奈川区
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP