保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

保育士の定年について

女性も定年まで働く人が増えている時代ですが、保育士は何と言っても体力勝負の仕事です。

保育の仕事が好きで、せっかく保育士の資格があっても、何歳まで働けるのか、また、保育士にも定年があるのかなど、不安や疑問に思うこともあるでしょう。そこで、保育士の定年について、公立・私立の違い、定年前後の働き方などをご紹介します。

保育士の定年制度

保育園は公立でも私立でも、一般企業と同様にほとんどの保育園が定年制度を設けています。

公立保育園の場合
公立では60歳を定年としていますが、公立保育園の保育士は地方公務員であり、65歳までの再雇用制度があります。定年迎えても希望すれば、園長や子育て支援センターなど部署の移動により、保育現場で働ける環境があります。

私立保育園の場合
私立でも、多くは60歳が定年ではありますが、継続雇用については、それぞれの園によって規定が異なります。非正規やパート職員になったり、これまでの実績や信頼関係によって管理職や若手の育成などに回ったりなど、職場によって働き方はさまざまです。

保育士は長く続けられる職業

保育士の仕事は体力勝負であり、若くないと務まらないのではないか、また女性にとっては結婚、出産で退職などもあり、長くは続けられない職業だという印象があります。

ところが、近年は、保育士の求人数が多いことに加え、産休や育休制度など福利厚生が整っている保育園も増えているため、復職して定年まで働く人も増えています。

体力的には無理がきかなくなりますが、現場の保育士としてだけでなく、保育士の資格を生かせる環境は色々あります。働く意欲さえあれば、むしろ保育士は長く続けられる仕事ともいえるでしょう。

ベテラン保育士の良いところ

年齢を重ねると、体力的な面では現場の保育士として働くのは難しくなることも多いですが、長年のキャリアやスキル、自分自身が子育てをしてきた経験から、保護者の立場としての気持ちも分かるなど、若い保育士にはない側面があります。

経験豊富なベテラン保育士は、むしろ保育の現場では貴重な人材として求められています。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

新潟保育園

勤務地 新潟県見附市
職種 保育士
雇用形態 パート/アルバイト

板橋区/定員48名の保育園

勤務地 東京都板橋区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介

幅広い年代が活躍中★元気いっぱいの保育園

勤務地 埼玉県新座市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP