保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

保育士の退職理由と辞め方の注意点とは?

保育士が退職を決意した時、退職理由や辞め方について悩むこともあるでしょう。

保育士不足が問題になっている今、保育士は一般企業よりも辞めるのが難しい場合がありますが、それでも考え抜いて退職を決めたのであれば、トラブルや迷惑をかけることなく円満に退職できるようにすることが大切です。

そこで、退職の心得、退職理由の伝え方、辞め方の注意点を確認しておきましょう。 

退職理由を再確認する

園に退職を伝える前に、なぜ辞めたいのかの理由を整理して再確認することが必要です。保育士の退職理由として多いものは「給料・待遇面の悪さ」「人間関係」「保育方針の違い」など色々ありますが、自分自身は、何に最もストレスに感じているかを洗い出しましょう。ただ漠然と今の職場が嫌だと思って転職しても、どの職場にも何かしら満足できない要素は出てくるものです。退職したことを後悔しないために、そして次のステップのためにも、自分が「これだけは譲れない」というものを再確認しておくことが大切です。

退職を伝えるタイミングと伝える人は?

最低でも3ヵ月前には伝える
保育士が退職する際にもっとも大切なのは、クラスの編成に支障をきたさないことです。多くの保育園では、年度ごとに担当のクラス編成や保育方針などを決めるため、年度途中で退職を申し出ると、園全体に大きな支障や迷惑をかけることになります。一般企業の場合は、最低1か月前に伝えることが基本となりますが、保育園の場合は人手不足がほとんどのため、代替えの保育士さんを探す必要が出てくることも多いです。どうしても退職したいという気持ちになっていても、突然辞めるということは禁物です。できるだけ余裕を持って、最低でも3ヵ月前には伝えるようにしましょう。

伝える人と伝え方に注意
退職の意思を伝える順番は、まずは直属の主任に伝えるのが良いでしょう。または、園内の人間関係にもよりますが、同じクラスを担当している保育士に伝えてから主任に伝える方が良い場合もあります。園長には、主任に伝えたあとに、自ら伝える時間を取ってもらうようにしましょう。主任だけに伝えておくと、園長が知らなかった、聞いていないなどで、退職を受け入れてくれないケースもあります。伝える順番を考慮しながら、しっかり意思を伝えるようにしましょう。当然ですが、メールやLINEなどで伝えるのは失礼に当たるので、必ず会って伝えましょう。

退職理由の説明と伝え方は?

退職理由はマイナス要素を言わない
   退職理由は「人間関係の問題」「給料の低さ」「残業が多い」など…不満や本音を正直に話してしまうのは避けましょう。感情を逆なでしたり、または改善するなどと譲歩案を出され、それがまた保育士同士の間に広まるなど、厄介なことになりかねません。退職理由は、具体的なマイナス面を正直に言わずにとどめておくのが良いでしょう。

個人的な都合・前向きな理由に
退職理由は、職場に対する不満などではなく「他のことにチャレンジしたい」「ここでの経験を活かしたい」「キャリアアップのために勉強したい」など、個人的な都合・前向きな理由を伝えると良いでしょう。ただし、あまりにもワクワクしている様子などは反感を買うため控えましょう。職場の比較などではなく、自分の気持ちをプラスの要素に置き換えて話すことがポイントです。

退職理由に嘘は要注意
退職理由として、健康上の問題、妊娠、家族の介護で実家に帰る、事故など…園が受理せざるを得ないような理由があります。でも、それが嘘である場合、特に自宅と職場が近隣の際にはバレてしまうこともあります。見え透いた嘘は注意しましょう。

引き止められた場合は? 

保育士の退職には、引き止めも多くみられます。待遇や仕事内容を見直すなどの提案をされることもしばしばですが、改善すると言われても納得の行くものにはならなかったり、先延ばしになる恐れもあります。また「無責任だ」と責められたり「子どもたちがかわいそうだ」など、感情に訴えてきたりすることもあるようですが、こちらも情に流されないことです。退職を決意するまでには、何度も何度も悩み抜いて結論を出したはずです。もちろん、突然辞めます、というようなことはマナー違反です。そうでないなら、責められたからといって自分を責めることなく、固い意志をもって伝えることが大切です。   

子ども・保護者への配慮が大切

子どもたちにとって先生がいなくなることは寂しいものです。大好きな先生なら尚さら不安になってしまうでしょう。また保護者にとっても、これまでの信頼関係があるほど、急に担当が変わるというのは不安です。退職の伝え方については、必ず園長に相談と確認をしましょう。退職までの時間を過ごしにくくならないよう配慮し、最後まで子どもたちには、これまでと変わらない笑顔と態度で接しましょう。

引き継ぎはしっかり行う

退職までの引き継ぐべきことは、リストアップをしながらきちんと進めるようにしましょう。引き継きノートを作るなど、口頭ではなく書面で残すようにすることが大切です。他の保育士に迷惑をかけないためにも、クラスの様子、子ども1人1人の性格、保護者の特徴なども書いておくと、次の担当者の助けになります。退職後に、やり残しや、伝え忘れによるトラブルが起きないよう、引継ぎはしっかり行い、最後まで手を抜かないことが大切です。

本当の円満退社を

本当の円満退社とは、あなたのこれからを応援してくれたり、退社した後も何かあったら協力できる関係ではないでしょうか?これまでどんなことがあったとしても、退職するということは、少なくとも職員たちに負担をかけることになります。最後には感謝の気持ちと、園長、お世話になった全職員に対してお礼の挨拶も忘れないようにしましょう。これからのためにもきちんとけじめをつけて、新たな場所で良いスタートを迎えましょう。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

幼保連携型認定こども園柏めぐみ園

勤務地 千葉県柏市
職種 保育士/幼稚園教諭
雇用形態 常勤(正職員)

幼保連携型認定こども園 納場保育園

勤務地 茨城県小美玉市
職種 保育士
雇用形態 パート/アルバイト

チャイルドスクエア仙台荒井南

勤務地 宮城県仙台市若林区
職種 保育士/保育士資格取得見込み(来年度まで)
雇用形態 パート/アルバイト
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP