保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

院内保育とは?院内保育士のメリット・デメリット

保育士の職場の1つとして人気が高まっている院内保育をご存じでしょうか?

一般の保育園とは異なる部分が多く、比較的給料も高めだと言われますが、どのような仕事内容なのでしょうか?

ここでは、院内保育の特徴、院内保育士の仕事内容・働くメリット・デメリット・求人状況などをご紹介します。

働き方の選択肢の1つとして参考にしてみて下さい。

院内保育とは?

医師・看護師のための保育施設
院内保育(病院内保育)とは、医師・看護師・看護助手など医療スタッフの子どもを預かる保育施設です。
病院は24時間・365日体制のため職員はシフト制ですが、交代勤務など不規則になることが多いです。さらに、救急の患者対応などより急な出勤をしなければならないこともあり、我が子を一般の保育園に預けることは難しい面があります。

そんな病院のスタッフが働きやすく、また、出産・育児による医師や看護師の退職を防止し、産休や育休後のスムーズな復帰や再就職の後押しをするために、院内保育所が設置されるようになりました。

病院内や近隣に設置・24時間体制が多い
院内保育所は、病院内または近隣に設置され、病院の稼働に合わせて24時間体制のところが多いです。職員はシフトに合わせて子どもを預けやすく、急な発熱や体調不良の場合でも医師にすぐ診てもらえるので安心して働くことができます。

院内保育所の運営は、厚生労働省の助成や自治体の補助制度を活用することができるため、近年は小規模病院でも院内保育所を設置するところが増えてきています。

「院内保育」と「病児保育」とは違う?

「院内保育」と間違いやすいのが「病児保育」です。どちらも保育士は病院内で働くのですが、院内保育とは目的が異なり、病児保育には以下のようにいくつか種類があります。

●病児保育・病後児保育
「病児保育」とは、病気の子どもを預かる施設です。病児保育は医師や看護師が在中し、保育士は医療スタッフと連携して保育と看護を行います。関連して「病後児保育」があり、こちらは病気から回復してきたものの、まだ本来の体調に戻らずに集団保育が困難な子どもを預かる施設です。「病児・病後児保育」併設の施設もありますが、子どもの状態がよって預けられる施設が異なる場合があります。

●病棟保育・医療保育
「病棟保育」とは、病院に入院している子どもの保育をする施設です。医療保育と呼ぶこともあり、保育士は医療スタッフと連携して子どもの不安を取ったり楽しい遊びをしたりなど、心身のケアと看護を行います。

●障害児保育
「障害児保育」とは、障害を持つ子どもや医療的ケアを必要とする子どもを預かる保育施設です。保育士は、看護師や理学療法士などの医療スタッフと連携して保育を行い、生活や発達のサポートを行います。

このように、病気の子どもの保育をする施設と、病院の職員が利用するための「院内保育」とは異なるので求人を探す際には注意しましょう。

院内保育士になるには?必要な資格は?

院内保育士は、病院内の保育施設での勤務にはなりますが、医療スタッフの子どもの保育のため、保育士資格があれば勤務は可能です。

保育士は、直接医療行為を行うことはないため、保育士以外の資格は特に必要なく、医療の専門的な資格やスキルは特に求めれません。

院内保育の仕事内容は?

院内保育は、病院の規模にもよりますが、職員の子どもに限られているので少人数を見ることが多いです。基本的な保育内容は大きく変わりませんが、院内保育には年齢別によるクラスがなく、1つの部屋で子どもたちの面倒を見る「異年齢保育」となります。

預かる子どもの顔触れは毎日変わることが多く、年齢もまちまちです。違う年齢の子どもたちと関わる面白さがありますが、それぞれの年齢に合わせた保育と臨機応変さが必要です。

その他、一般の保育園との違いは、行事やイベントはほぼなく、書類仕事など事務作業が少ないのも特徴です。

院内保育で働くメリットとは?

院内保育で働く保育士のメリットには以下が挙げられています。

●少人数なので保育が煩雑にならない
●大きな行事がなく業務量が少なくて済む
●持ち帰りの仕事・残業がほぼない
●保護者との連絡やコミュニケーションが取りやすい
●子どもの体調が悪くなった時にすぐに対応できる
●一般の保育士より給料が高め
●福利厚生が充実しているところが多い

院内保育は、小規模で子どもたちとじっくり関わりたい方に向いています。保育に集中できることや、業務量が少なく心身の負担が軽いこと、そのうえ一般の保育士よりも年収が高く高待遇が多い点がメリットと言えます。

院内保育で働くデメリットは?

病院内施設という性質状、働く際には以下のようなデメリットが見られます。

●シフトが変則的で、職員の勤務状態に左右されやすい
●24時間対応では夜勤がある場合がある
●関わる子どもが変動するため慣れてくれないことがある
●保育室が狭かったり運動場がない場合がある
●行事やイベントの経験を積むことができない
●保育園のノウハウや保育士としてのスキルを習得しにくい

一般の保育園とは異なる部分が、人によってメリットにもデメリットになることがあるでしょう。働き方として、院内保育士は必ずしも夜勤があるわけではありません。ただし比較的、勤務時間は不規則になりやすい傾向なので、自分のライフスタイルによって検討する必要があるでしょう。

院内保育士の求人状況は?

院内保育は、一般の保育園よりゆとりがある保育ができることや、高待遇が多いため、保育士に人気が高まっています。ただし注意点として、運営母体によって環境や条件に差がある点も見られるのでよく確認することが大切です。

院内保育施設の数は一般の保育園より少ないので、求人数も保育園と比べると少ないのが現状ですが、医師や看護師からの要望は高く、人材確保のために院内保育所を設置する病院が増えていている傾向にあります。

院内保育士は、正社員だけでなくパート・アルバイトや派遣の求人も見られるので、保育園以外の職場で働きたい方や、これまでとは違う働き方として院内保育に関心がある方は、保育士専門求人サイトを活用して情報収集してみましょう。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

穏やかな空気広がるアットホームな保育園

勤務地 東京都三鷹市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣

ルンビニ保育園

勤務地 大阪府大阪狭山市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

市川駅より徒歩8分の保育園

勤務地 千葉県市川市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP