保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

保育士の退職手続きの手順とは?

保育士が退職をする際、スムーズに退職するには、どのような手続きが必要なのでしょうか?

退職については他の職員や施設に迷惑をかけないためにも、段取り良く手続きを進めることが大切です。

そこで、保育士の退職手続きの手順とマナーについて確認しておきましょう。

保育士の退職手続きの手順

■退職の意思を伝える
退職を考えた時には、保育園ではクラスの編成に支障をきたさないために、できれば最低でも2~3か月前までには、直属の上司や主任保育士に伝えておきましょう。

人手不足の保育園では、代替えの保育士さんを探す必要が出てくることも多いため、突然辞めるということは禁物です。退職の意思はできるだけ余裕を持って伝えることが大切です。

■引継ぎ
退職にあたって最も大切なのは、他の保育士や職員、そして子どもたちと保護者に迷惑をかけないようにすることです。

退職が決まったら、引き継きノートにクラスの様子、子ども1人1人の性格、保護者の特徴なども書いておくと次の担当者の助けになります。できるだけ丁寧な引継ぎを行いましょう。

園に返却するものを確認

退職時には、以下のものは必ず園に返すことが必要です。

●健康保険証
辞めた時点で健康保険も脱退することになります。転職先が決まっている場合は、新しい職場で健康保険に新たに加入します。決まっていなければ国民健康保険に加入する必要があります。

●社員証・IDカード
その保育園の社員や職員であるとみなす証明書類は、すべて返却します。

●通勤定期券
残り期間がある通勤定期券は、保育園に返還する必要があります。

●備品
保育園から借りているものは、小さな事務用品に至るまで返却することがマナーです。

園から交付してもらうもの

退職時には、園から以下の書類を交付してもらいます。

●雇用保険被保険者証
雇用保険被保険者証は、雇用保険に入っていたことを証明するもので、雇用保険の受給手続きをする際に必要です。転職先が決まったら新しい会社に提出します。

●年金手帳
年金手帳は、新しい職場に提出する必要があるので、保育園に預けている場合は返却してもらいましょう。転職先が決まっていない場合は、国民年金に加入することが必要です。

●源泉徴収票
源泉徴収票は、退職した年の所得税の年末調整や確定申告に必要になります。

●離職票
失業手当を受給したい場合、申請のために離職票が必要となります。退職後10日以内の交付となります。

スムーズな退職のために

退職後は、転職先が決まっていてもいなくても、いろいろな手続きが必要になります。後でトラブルにならないよう、退職手続きの手順に沿って各種書類をきちんと揃えるようにしましょう。

また、書類などの手続きだけでなく、全職員への挨拶やお世話になった感謝の気持ちなど、社会人としてのマナーを持って、気持ちよく円満退社できるようにすることが大切です。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

飯能元氣保育園

勤務地 埼玉県飯能市
職種 保育士
雇用形態 パート/アルバイト

向上社保育園

勤務地 京都府京都市右京区
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

利根二葉幼稚園

勤務地 茨城県北相馬郡利根町
職種 保育教諭
雇用形態 契約社員
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP