保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

保育士が託児所で働くメリット・デメリットとは?

待機児童の問題が深刻化している中、子どもの預け先に困っている人は多く見られます。それは、保育士さん自身も同様に、子どものお世話をする仕事でありながら我が子の預け先に困るなど、育児について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな働く人の助けになっているのが託児所ですが、保育園とはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、保育士が託児所で働く場合のメリット・デメリットと、保育士のための託児所付きの職場についてご紹介します。

託児所とは

託児所は、国の認可を必要としない認可外保育施設で、「一時預かり保育」と「月極保育」があり、その形態も多様化しています。

施設には、保育園のような独立型、保育園に併設型、デパート・イベント会場・駅構内の設置など、色々な形があります。

また、民間企業による「企業内保育所(事業所内託児所)」や、医師や看護師など医療スタッフのための「院内保育所」など、従業員のための保育施設も増えています。

託児所は、保育園に入れない待機児童などの受け入れ先となり、仕事やプライベートと子育てとの両立をしやすくしたりなど、保護者の負担を軽くするためのサポートとしてニーズが高まっています。    

託児所で働くメリットとは?

託児所には色々なスタイルがありますが、働く場合は以下のようなメリットが多く見られます。

●施設の保育スタイルや方針が選べる
●大きな行事やイベントがないため業務負担が少ない
●持ち帰りの仕事や残業がほぼない
●体力的な負担が少ない
●アットホームな保育ができる
●保護者とのコミュニケーションが取りやすい

託児所での仕事内容は、食事、おやつ、オムツ交換、お昼寝、お散歩、一緒に遊ぶなど、基本的には保育園と同じですが、比較的ゆったりとした保育ができることがメリットです。

託児所で働くデメリットとは?

保育園より業務負担は軽いことが多いのですが、託児所では以下のようなデメリットも見られます。

●子どもが変動するため慣れるまで大変
●保育に必要な施設や設備が不十分の場合がある
●大きな行事やイベントの経験が積めない
●保育園のノウハウや保育士のスキルを習得しにくい
●運営母体によって左右されやすい

託児所では、預かる子どもの顔ぶれも年齢もまちまちのため、保育の臨機応変さが必要です。また運営母体によってはシフトが変動しやすかったり、コストの問題で閉鎖することも見られます。自分に合った施設選びも大切になるでしょう。 

子どもがいる保育士のための託児所も

託児所は、一般の人たちだけのものではありません。子どもがいる保育士とっても、働くために我が子の預け先は重要であり、託児所を利用したいことも多いでしょう。

保育士が出産や育児のために退職を余儀なくされることは、働きたい保育士にとって残念なことであり、保育士不足になってしまうのは、保育園や施設にとっても深刻です。

保育士が自分の子どもを預けながら働ける保育園も増えています。子どものいる保育士さんにとっては、託児所付きの保育施設は、職場選びのポイントになるでしょう。

保育士が託児所付きの職場で働くメリットと注意点とは?

●通勤と送迎が同時にできる
保育園や保育施設内の託児所は、基本的に勤務先と同じ建物内か近隣に設置されているため、子どもを預けてすぐに出勤できます。帰りも退勤してすぐにお迎えにいけるので、毎日の送迎の慌ただしさがなく、ゆとりを持つことができます。

●安心して預けられる
自分の勤務先の託児所であれば、施設の事情や担当スタッフについても把握しやすいため、より安心して我が子を預けられます。また、勤務の休憩時間には自分の子どもの様子を見に行ったり、授乳したりすることできる場合があるため、子育てと仕事を無理なく両立できます。

●体調不良の際に対応しやすい
子どもの急な発熱や突然の体調不良の際にも連絡が取れやすく、すぐに迎えに行くことができるなど、早めに対応ができるのも働く保育士にとって大きなメリットといえるでしょう。特に、病院や医療機関内での勤務の場合は、病院と連携を取りやすいことも心強い点です。

●託児所の費用が割安になることがある
従業員が託児所を利用する際に、費用が割引きになる場合があります。園や事業所によって割引のシステムは異なりますが、認可外保育園よりも安く利用できる場合が多いようです。

●公私の分別をしっかりすることが大切
子ども同士でトラブルが起こった際、同僚の職員が保護者の場合、仕事の面でも気を使ったり気まずくなったりすることがあるかもしれません。また、我が子のことが気になって優先したいという気持ちがあるかもしれませんが、そこは公私の分別をしっかりとすることが必要です。

自分の職場のすぐ近くに我が子がいるという環境のメリットを大いに活かしながら、仕事と子育てのバランスを取って勤務することが大切です。 

託児所のニーズはますます高まる

待機児童の問題が深刻な中、託児所は増えており、保育士の求人数も増えています。働き方としてのメリットもデメリットもありますが、保育園とは違った働き方を希望している保育士にとっては、自分に合った職場が見つかるかもしれません。

また、保育士さん自らも、託児所を利用したい場合は、託児所付きの職場を選ぶことは大きなメリットになるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせて活躍できる職場を探して、仕事と子育てがうまく両立できればよいですね。
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

松ヶ丘認定こども園

勤務地 茨城県高萩市
職種 幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 契約社員

豊島区/定員38名の認可保育園

勤務地 東京都北区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介

横浜市旭区/定員60名の保育園

勤務地 神奈川県横浜市旭区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP