保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

保育士に英語は必要?保育園の英語教育について

小学校での英語教育が始まった事に伴い、保育の現場でも英語教育に力を入れる施設が増えています。新たな「保育英語検定」などもスタートしていますが、保育園での英語教育は、これからの保育士の仕事にどのような影響があるのでしょうか?

ここでは、保育園の英語教育の現状、メリット・デメリット・保育士の英語検定などについてご紹介します。保育事情の1つとして参考にしてみてください。  

保育園での英語教育の現状とは?

近年、英語を使った遊びや歌を導入する保育園が増えています。また、英語を学ぶというより、遊びを含めた日常会話のほとんどを英語で過ごすインターナショナルスクールやプリスクールなど、英語で保育を行う施設が注目されています。

国際化が進む中、英語は小学5年生から必修となり、さらに2020年には小学3年生から必修化になるなど、英語教育はどんどん低学年化していきます。

それに伴い、我が子には早いうちから英語に慣れさせたいと思う保護者が多くなり、英語教育を導入している保育園の人気が高まってきているようです。

早期英語教育はメリットだけ?デメリットは?

子どもの習い事でも英語の人気が高まっているようですが、幼児期からの早期英語教育には、以 下のようなメリットとデメリットあると言われます。

●幼児期の英語教育のメリット
・英語への抵抗感が少ない
・音として耳で学ぶことでネイティブに近い発音ができる
・勉強ではなく遊びの感覚で学べる
・楽しみながら習得できる

●幼児期の英語教育のデメリット
・日本語の発達が遅れる可能性がある
・英語と日本語が混合しやすい
・継続していなければ忘れてしまう
・英語が嫌いになる場合がある

このように早期の英語教育にはメリットもデメリットもあり、賛否両論です。

早くからネイティブな英語が話せるのはとても良いことですが、親の教育熱が高いほど、子どもにとってはデメリットが目立つことも少なくないため、なるべくメリットを活かせるような教育が求められます。

保育士にこれから英語は必須?

幼児の英語教育が注目されているからと言って、保育士の仕事をするために、英語が必須だとは一概に言えません。

保育士として重要なのは英語力だけではないため、実際に英語を取り入れている保育園でも、保育士が主体で英語を教えるところばかりではありません。

外部のネイティブ教師が教えるケースも多く、このような形でも、十分子どもたちに英語を教えることは可能です。

ただ、国際化とともに、英語教育が低年齢化していく流れでは、英語力がある保育士が求められることが多くなることもあるでしょう。保育士として、英語教育に関心があるかどうかによって、活躍の場は変わってくるかもしれません。  

保育士のための「保育英語検定」がスタート

一般的に英語力を証明する資格には、英検、TOEIC、TOEFLなどがありますが、保育においての英語力を養成するために、2011年に「保育英語検定」という民間の資格試験がスタートしました。


●保育英語検定の内容
一般的な英語検定とは異なり、子どもや保護者と英語でコミュニケーションができることを目的としています。内容は“子どもが話す英語”として「赤ちゃん言葉」や「幼児言葉」に焦点を当て、幼児保育に即した英語能力を身につけるものです。

子どもをあやす時や、乳幼児と触れ合う時に使う「幼児語」は、英語にもあります。保育英語を習得することで、英語圏の子どもたちと会話ができることがメリットです。英語保育を行っている保育園で働きたい場合は大いに役に立つでしょう。


●受験は誰でも可能
保育英語検定は、受験資格に制限はなく、誰でも受験が可能です。一般社団法人保育英語検定協会により、5級から1級までのレベルが設定されています。受験方法は、5級はインターネッ試験、1~4級は会場試験となります。


●イングリッシュエキスパート保育士証
保育英語検定に、保育士資格を持つ人が合格した場合は、「イングリッシュエキスパート保育士証」が発行されます。これは「保育士専門の英語資格」として武器になるでしょう。

英検やTOEICなども大いに役立ちますが、英語に力を入れている保育園への就職や転職を考えている場合は「保育英語検定」の資格取得も視野に入れてみてはいかがでしょうか? 

英語を保育に活かす働き方も

保育園での英語教育はまだこれからの分野であり、保育士の仕事に必ずしも英語が必要だということではありません。

ただ、「日常英会話」を必要とする保育園の求人も多くなっているため、英語力がある保育士は、より活躍の幅が増えるでしょう。

また、現役の保育士はもちろん、保育士を休んでいる人で、英語を勉強中の人や英語を活用した仕事をしたいと思っている人は、あらためて保育士資格を活かし、違った角度から保育園で活躍することも考えてみてはいかがでしょうか?
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

すずのき台保育園

勤務地 東京都小平市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

赤間保育園

勤務地 福岡県宗像市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

練馬区/大手系列の認可保育園

勤務地 東京都練馬区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP