保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

リトミック保育とは?保育士の指導方法について

子どもの教育の1つとして注目されている「リトミック」をご存じですか?

習い事としても浸透してきていますが、保育園ではどのように取り入れていけばよいのでしょうか?

そこで、保育士のスキルアップにも役立つ「リトミック保育」について指導のポイントをお伝えします。

リトミック保育とは?

リトミックとは、音楽を通して子どもの育成を図る教育方法です。スイスの音楽家エミール・ジャック・ダルクローズによって考案され「ダルクローズ音楽教育法」とも言われています。

リトミックは音楽教育と言っても、音楽理論を教えるのではなく、子どもが音楽を聴いて感じたことを「自由に身体で表現」させます。それにより、リズム感・想像力・表現力をはじめ、判断力・集中力、集団でのコミュニケーション力など…遊びながら子どもの能力をバランスよく伸ばしていくことがねらいです。

幼児期からリトミック保育を受けさせることは、子どもの成長に大いにプラスになるとされています。

リトミックの指導に資格は必要?

リトミック保育の実施に、資格が必要というわけではありません。特に決まったルールもなく、園によって年齢ごとにプログラムを組んで行うなど指導方法はさまざまですが、専門的に勉強することもオススメです。

「リトミック指導員」という民間資格があり「NPO法人 リトミック研究センター」「国立音楽院」「日本ジャック=ダルクローズ協会」「リトピュア」のいずれかで講座を受けることにより、資格を取得することができます。「リトミック指導員」の資格は、保育士の就職に有利になったり、活躍の幅を広げることに役立ちます。

リトミックの内容と指導のポイントは?

●繰り返し行う
リトミックは、毎回決まった音楽を繰り返し流すことがポイントです。それが子どもにとって楽しい時間の始まりの「合図」になっていき、自然と身体が動くようになります。また、遊ぶ前に身の回りの片付けをする習慣を付けさけることなどにも繋がります。

●お遊戯とは違う
リトミックは、一見お遊戯のように思われますが、異なるのは、決められた振付けを練習するのではなく「自分が感じたことを自由に表現」していく点です。その中で音感、言葉、数、楽しさ、自立心、協調性などの能力を開発していくことがねらいです。

●アイディアはさまざま
リトミックのやり方は、リズム遊び、保育士のまねをさせる、電車ごっこ遊びなどをはじめ、動物の動作や鳴きまねなどの“オノマトペ(擬音や擬態)”を使って歩き回ったりなども効果的です。

音楽のテンポをゆっくり・速くしたり、楽しい音・静かな音・少し怖い音など、感情や、ストーリー性を想像させたりもできます。また、グループでリズムを取りながらゲームをしたりすると協調性も生まれます。型にはまらず、臨機応変にさまざまな楽しませ方を工夫しましょう。

リトミックの指導に欠かせないものは?

リトミック指導は「演奏担当」と「声かけの担当」のペアで行うことが一般的です。両方を1人でこなす保育士もいますが、片方だけだと指導ができないため、どちらもできるようにしておくことがベストです。

演奏の基本はピアノを使います。音楽教育なのでピアノが弾けない場合でも、何かしらの楽器の演奏が必要です。タンバリン・カスタネット・トライアングル・ハーモニカ・ギターなどいろいろな楽器を使えばバリエーションも豊富になります。

リトミック指導はこんな方に向いています!

リトミックは、音楽が好きな人や得意な人は、楽しみながら指導ができるのではないでしょうか?カリキュラムも統一されているわけではないので、色々なアイディアを出しながらプログラムを作っていくことができます。

自分の発想を活かすことができるので、音楽に関心があったり、アイディアを出す事が好きな人は、保育士としてスキルアップのためにも、ぜひリトミック保育に力を入れてみてはいかがでしょうか?
※参考
リトミック研究センター
https://www.eurhythmics.or.jp/whats/
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

認定こども園シオン

勤務地 熊本県熊本市中央区
職種 保育士
雇用形態 契約社員

レイモンド田無保育園

勤務地 東京都西東京市
職種 保育士
雇用形態 常勤(正職員)

暖かい笑顔溢れるアットホームな保育園

勤務地 東京都武蔵野市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP