保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育士になるには?

企業内保育士とは?仕事内容と転職のポイント

女性職員が、産後に育児と仕事の両立ができるよう、企業内に保育施設を設ける「企業内保育所」が話題になっています。

育休から復帰できずに退職してしまうことは、本人だけでなく企業にとってもダメーが大きいため、企業内保育はとても有益な対策ですが、保育士として働く場合はどうなのでしょうか?

ここでは、企業内保育士の働き方・メリット・デメリット・転職のポイント などについてご紹介します。

企業内保育所とは?

企業内保育所は、企業内やその近隣に設置する保育施設のことです。認可外保育施設に区分され、基本的には従業員のために設置されています。

企業内保育所があることにより、企業の従業員は、子どもを出勤前に預けて、退勤後にお迎えに行って帰宅することができるため、保育園への送迎の手間が省けます。

また、子どもが近くにいるので安心できる、出産後に仕事に復帰しやすい、育児と仕事の両立ができることなど、子育てをしながら働く人にとって多くのメリットがあります。
保育box無料会員登録はこちらから

企業内保育所の4つのタイプ

企業内保育所は、従業員以外の利用法もあり、タイプには以下の4つがあります。

●単独利用型
 単独で運営し自社の従業員の子どものみを対象とする
●地域開放型
 単独で運営し自社の従業員の子どもの他に、地域の児童も対象とする
●共同利用型
 単独で運営し近隣の企業と共同で利用する
●共同設置型
 複数の企業で費用を負担し共同て運営する

このように、企業内保育所は、従業員が利用するだけでなく、待機児童問題の解消のために、地域の子どもたちを受け入れることもあります。

国の「子ども・子育て両立支援事業」による「企業主導型保育事業」として広がりをみせています。  

企業内保育は保育士資格が必要?

企業内保育所で働くために、保育士資格は必須ではありません。

ただし企業側からすれば、できれば保育士資格を持っている方が安心のため、保育士または保育現場での経験者を求めることが多いようです。

保育士資格がない場合は、応募の際に、子育ての経験や小さい子どもに慣れているなど、資格がないことをカバーできるようなアピールができると良いでしょう。

企業内保育士の仕事内容とは?

企業内保育所での仕事は、預かり、食事、お昼寝、遊びなど、基本的な保育内容は保育園と大きく変わりません。

企業の規模にもよりますが、お世話をする子どもの人数は、職員の子どもに限られているので少人数を見ることが多く、比較的ゆとりが持てるでしょう。

一般の保育園との違いは、企業内保育所には年齢別によるクラスがなく、1つの部屋で子どもたちの面倒を見ます。年齢もまちまちの「異年齢保育」となるため、それぞれの年齢に合わせた臨機応変な保育が必要です。

企業内保育士の仕事は「企業のルール」に沿って行うことになるため、保育士のシフトは、企業の勤務体制に合わせることになります。一般の保育園のような行事やイベントはほぼなく、事務作業も少ないでしょう。

企業内保育士のメリットは?

保育士が企業内保育所で働くメリットには、以下が挙げられます。

・子どもたちとゆっくり接することができる
・大きな行事やイベントがないため、業務負担が少ない
・残業はほとんどない
・土日祝日の休みが取りやすい
・緊急時でも保護者と連絡が取りやすい
・保護者からの理不尽なクレームが少ない
企業内保育所の仕事は、一般の保育園よりも業務負担が少なく、アットホームな雰囲気で子どもたちと関われることが魅力です。

また、保護者も同じ企業内の従業員のため、保護者からのクレームも少ない傾向にあるようです。保育士は心身の両方の面で、負担やストレスの度合いも比較的少なくて済むことが多いでしょう。           

企業内保育士のデメリットは?

保育士が企業内保育所で働くデメリットには、以下が挙げられます。

・企業の稼働時間によってシフトが変動しやすい
・保育に必要な設備が不十分なことがある
・業務負担は少ない分、保育の経験が積めない
・コストの問題から閉鎖することもある

企業内保育所は増えている傾向にはありますが、あくまで「企業主導型」の保育施設のため、企業の内情によって廃止するなども見られ、運営が不安定になりやすい面があります。

企業内保育士に転職する際に確認すべきこと

●雇用条件
企業内保育士は、基本的に「その企業のいち社員」という位置づけになります。ただし正社員としての雇用だけでなく、契約社員や非常勤など非正規のケースもあります。企業の状況によっては不安定な雇用になる場合もあるため、就職・転職の際には雇用条件をよく確認しましょう。

●勤務時間・労働環境
企業内保育士の勤務時間は、企業の稼働時間によってシフトが左右されます。従業員の労働環境があまり良くない場合、保育士も同等になる可能性があります。勤務時間・夜勤の有無・休日など、勤務体系が自分のライフスタイルに合うかどうか確認しましょう。

●福利厚生
正社員雇用の企業内保育士は、企業の社員となるため、ボーナスや昇給、有給休暇などの福利厚生が充実していることがメリットです。ただし企業の規模によって待遇面は異なるため、福利厚生の内容についても確認しておきましょう。

企業内保育所での安定雇用のためには?

企業内保育所は、働く人への支援のためにも増加傾向にありますが、企業規模によって運営や待遇面に大きな差があることも確かなので、その企業の情報を知る事が大切です。

企業内保育士は、大企業であるほど待遇面は良く安定して働けることや、ゆとりをもった保育ができるなどから、保育士に人気が高まっています。

ブランクがある人やライフスタイルに合わせて働きたい人は、正社員だけでなくパートなどの非正規から、より良い条件で働ける企業内保育士を経験してみてはいががでしょうか?
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

社中央第二こども園

勤務地 福井県福井市
職種 保育士/幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 パート/アルバイト

ポピンズナーサリースクール武蔵境(2017年4月開園予定)

勤務地 東京都武蔵野市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣

きたおおぎこども園

勤務地 兵庫県神戸市東灘区
職種 保育士/幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 パート/アルバイト
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP