保育士・幼稚園教諭 お役立ち情報

 >   >   > 

保育園・幼稚園で働こう!

保育事務の仕事内容とは?

保育園の運営には、保育士以外にも色々な人が携わっています。その1つに「保育事務」という仕事があるのをご存じでしょうか?

事務職を希望している人で、尚かつ子どもが好きな人に人気の職種です。ただ、事務職といっても、保育園での仕事は一般の事務の仕事とどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、保育事務の主な仕事内容や求人事情についてご紹介します。

保育事務の役割とは?

保育事務は、保育園の運営を理解し、園を支える裏方として大切な役割を担っています。

園によっては特に雇わないケースもありますが、大規模保育園や、保育士不足により事務にまで手が回らない園などにはとても必要な存在です。

保育事務は、一般的な事務職がメインではありますが、保育園の見学や訪問など外部との窓口、保護者対応をはじめ、忙しい保育士のサポートをすることもあるため、保育士にとっては助けになる存在として活躍しています。 

保育事務の仕事内容とは?

保育事務の仕事内容は園よってさまざまですが、主な業務として以下が挙げられます。

・会計帳簿つけ
・電話・来客対応
・職員の給与計算
・シフト・人事管理
・給食関係の経理
・社会保険事務
・園内の行事・スケジュール管理
・保護者・職員対応
・備品管理・発注
・行政・役所への対応・提出書類の作成
・業者対応  など…

一般企業の場合は、総務・経理・受付など分野ごとに分担されていることがほとんどですが、保育園事務では、園の運営に関わる事務的な仕事を一手に行います。

保育事務に保育士資格は必要?

保育事務の仕事をするために、保育士資格は基本的には必要ありません。保育事務に必須のスキルとしてはPC操作です。

今は事務仕事のほとんどがPCを使用しているため、資料作成やメール対応などがスムーズにできることが基本です。ただ、メインは事務職であっても、人手が足りない時に、保育士の補助として手伝う場合もあります。

その際は、保育士資格を求められるケースもあります。事務員と保育補助の兼務を求める保育園も多いので、事務だけを希望したい場合には、業務内容を確認した方が良いでしょう。 

保育事務に求められることは?

保育事務は、やるべきことの範囲が広いため、何を優先的にやるのかを判断し、効率よく正確に仕事をこなしていく能力が求められます。

事務として経理関係など数字に強いことや、手書きの手紙や書類を作成することもあるため、美しい文字が書けると尚良いでしょう。

保育士や子どもたち、外部の人と関わることが多いため、ある程度のコミュニケーション能力も必要となるでしょう。事務経験の他にも、接客経験がある方なども歓迎されることが多いです。

保育事務の仕事内容や忙しさは、園の方針や規模によってさまざまですが、経理や事務の仕事が好きで、尚且つ子どもが好きな人は、保育園の事務は、楽しく魅力的な仕事ではないでしょうか

保育事務の求人事情は?

保育事務は、園長や主任保育士が行ったり、保育士が分担しているところも多いため、事務専門職員の募集というよりは、どちらかと言えば、保育補助を兼務するケースが多いようです。

ただ、近年は、保育士の負担を減らす動きも盛んです。保育事務には正社員募集もありますが、子育て経験がある方のパートの求人など、主婦でもできる職種となっています。事務の仕事が好きな人は、保育事務にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?  
保育士求人を探す
保育boxの新着保育士求人

幼保連携型認定こども園 上長与こども園

勤務地 長崎県西彼杵郡長与町
職種 保育士/幼稚園教諭/保育教諭
雇用形態 パート/アルバイト

中央区/定員40名の保育園

勤務地 東京都中央区
職種 保育士
雇用形態 職業紹介

穏やかな空気広がるアットホームな保育園

勤務地 東京都東村山市
職種 保育士
雇用形態 一般派遣
保育に役立つ情報や最新保育士求人情報をお届け LINE@保育士さんのための総合比較サイト 派遣・人材会社を選ぶなら 比較保育box 無料会員登録

その他の保育士・幼稚園教諭お役立ち情報

PAGETOP